ラクガキ505/1000

ラクガキ505/1000

==================================

「うんっ、あっ、うんっ、あっ」

射〇ち〇ぽ入れたままのピストンは気持ちいいねぇっ。

それにしても、バックだと私がコントロールできるから、こうやって根元まで入れて

グリグリすると。

「ひぃやぁぁぁっ、んあぁぁぁっ!」

腰が震えるねぇっっ、本当にいいものを持っている。

これなら、うちの嬢として、すぐに働いてもらってもいいかもしれないなぁっ。

「ひっ、いぃぃっ」

ああっ、愛おしいよ彩夏。

ココの心地も最高だ。

尻穴もぷっくりしていて綺麗だなぁっ。

「うあっ、うっ、そこっ、、、そこが、、いいっのぉっ」

おっ!嬉しいねぇっ、彩夏。

やっと楽しんでくれるようになったな。

「もうっ、むりぃっ、智君が。。。悪いんだよ・・・智君が借金なんて、するから・・・私は、

智君を守りたいだけだし、、、智君・・・私っがんばってるよねっ。。。んあっ。。。」

そうとも、彩夏はとても頑張っている。

いい子だとも。とてもいい子だ。

でも、私は智君にも感謝しているよ、こうして、智君の美人妻を抱けているわけだからね。

「そうっ、私はっ、頑張ってるわっ。。。

だけど、もうっ、このままの抵抗してると、、、つらいのぉっっ。

素直に、、、私が気持ちよくなっていい・・・よね。

終わったら・・・元に戻るから。。。

智君のところに帰ったら・・・元に戻るから・・・」

そうとも、楽しまないと嘘だよ彩夏。

今は、私が君の主人だよ。

身も心も委ね楽しみたまえ、いいじゃないか、たまには別の男に浮気をしても。

ここで楽しんだ分、後で智君にも優しくすればいいさ。

「ええっ、そうねっ、私、気持ちよくなって、もっと気持ちよくなるから。

今だけ、楽しんじゃうから・・・ううんっ、そこっ、いいんっ、、、ああぁぁっ!

そこっ、もっと、もっと突いてぇっ!」

いい子だ、彩夏。君は本当に賢いな。

賢い子には、いっぱいご褒美をあげような。そらっ!

======================================

■犬の一口メモ

Gペンを使うことで色々表現の幅が広がりました。

色々なツールを一つの絵の中で使うことで、

新たな表現ができるのがいいですね。

Spoiler


this post original URL recovery request

please here > https://t.me/savepage_request

[collapse]

‘R-18’, ‘女の子’, ‘人妻’, ‘NTR’, ‘OL’
Spoiler

DOWNLOAD

[collapse]